フィット(Fit)は怪しいビジネスではない?怪しいというのはイメージに過ぎない?!

フィット(Fit)の詳細な内容や詳しい説明は前回のサイトでしているのでそちらをご覧ください。

▼フィット(Fit)に関する詳細はこちらから▼
フィット(Fit)とは?

 

さて今回はフィット(Fit)というビジネスが怪しいのかという部分を深掘りしていきたいと思います。

怪しいという抽象的な表現ですが、どこに怪しい部分があるのか調べてみました。

フィット(Fit)に関する怪しい情報の有無について調べてみたが怪しい点は存在しない?!

ネットビジネスは昔からありましたが、中には怪しいものもあったようです。

例えば、本当は稼げないのにあたかも稼げるかのような表現をする「誇大広告」が沢山あるビジネスがありました。

本当にデータがあるなら問題ないですが、それも無く、信ぴょう性に疑問があるようなビジネスは怪しいです。

誇大広告が随所に書かれているビジネスを見つけた際には怪しいビジネスではないかと疑いましょう。

そこで気になるのがフィット(Fit)には誇大広告があるのかという点ですがこちらは大丈夫だと思います。

キケンな誇大広告としては「××ビジネスを始めれば1ヶ月で億万長者になれる!」「日給100万円も稼げるビジネス!」というような度を超えたキャッチコピーや売り文句がある場合は注意しましょう。

上記のような文章は誇大広告に該当する可能性が非常に高いですので気をつけましょう。

フィット(Fit)はどうなのか公式ページを確認しましたが誇大広告らしきものは無いと感じました。

むしろ現実的なラインをしっかりと提示していると思いますので個人的には好印象です。

怪しビジネスということは無いと私は感じました。

フィット(Fit)が怪しいと思われてしまう原因とは?

今回のフィット(Fit)ですが内容を見るとかなり優秀だと感じます。

ですが、その一方でネット上では怪しいビジネスという情報が一部であります。

ただ、そこに事実があるのかという部分には疑問を抱きます。

というのもフィット(Fit)が怪しいと言っているのはアフィリエイターだからです。

アフィリエイターの目的は違うネットビジネスやLINEに誘導することです。

誘導するための手段の一つが注目度の高いネットビジネスの批判を行う事です。

怪しい、危険、やめたほうが良いという情報があれば見ている人は「危険なの?危なかった!」というように怪しいビジネスに引っかからずに済んだと思ってしまいます。

しかしこれこそがアフィリエイターのテクニックです。

怪しいというビジネスは誰もやりたくないですよね。

そのため「こっちなら稼げる!」というような情報を流すとそちらに誘導されてしまいます。

自分が損をするのを阻止してくれたと思わせることが出来る心理学的なテクニックです。

このテクニックで誘導されている人は沢山いるでしょう。

近年はアフィリエイターがらみのトラブルもあるので注意しましょう。

今回注目したい点はココにあります。

アフィリエイターは実際にやってる人ではありません。

つまり利用者でもない人の情報を信じてしまっているのです。

利用者でもないのに怪しいかどうかなんてわかるのでしょうか。

否定する理由や根拠が薄く証拠にならないような情報を公開しているサイトもあります。

こういったアフィリエイターには注意しましょう。

例え怪しいという書き込みがあっても安易に信用しない方が良いです。

フィット(Fit)についても利用者が怪しいと言っているわけではないのであまり信用する必要は無いと思います。

フィット(Fit)が怪しいのか確かめるためには自分でも調べる必要がある!

仮にフィット(Fit)が怪しいと感じてしまうのであればネットの情報ばかり見るのではなく自分でも調べてみる必要があるでしょう。

具体的な方法としては「運営会社に質問してみる」というのが一番手っ取り早いと思います。

ネット上には沢山の情報がありますが、真実だけとはかぎりません。

虚偽やフェイクと呼ばれるものも存在するのでそれを見極める必要があります。

どこの誰が書いている情報かわからないという場合は特に注意が必要です。

最近ではアフィリエイターが怪しいビジネスを紹介してくるケースもあります。

先ほども説明していますが、怪しいという情報を流し別のビジネスやアフィリターがやっているLINEなどに誘導するほうがよっぽど怖いですし、怪しい気がします。

このようにネットの情報だけを頼りにしていると怪しいビジネスに誘導されてします可能性もあるのでその判断が出来ない場合は運営元に自分から直接連絡をして尋ねるというのが最も簡単に怪しいかどうか調べる方法だと思いますので是非実践してみて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ