GENESIS(ジェネシス)は返金対応してくれる?いざと言うときの対処法は?

「あなたの人生が、ひと夏で変わる」という今注目の副業、それがGENESIS(ジェネシス)です。

しかし、副業を始めたものの、自分に合わなかった、何らかの事情で続けることができなくなるということがあると思います。

そんな時、作業の途中でも返金はして貰えるのでしょうか。

この記事では、GENESIS(ジェネシス)の場合は返金ができるのか、返金に関する注意事項やトラブルに巻き込まれた時の対象法についてご紹介します。

GENESIS(ジェネシス)は返金してくれる?

作業の途中で続けられなくなった場合、返金はできるのでしょうか。

そもそも返金自体ができるのでしょうか?
気になっている方も多いと思います。

返金と聞くとクーリングオフ制度が真っ先に頭に浮かぶと思います。
クーリングオフ制度というのは、「特定の不意打ち性の高い取引で消費者が冷静に判断できないまま契約させられた際に無条件で商品を返品、返金することできる制度」です。

先に結論を言ってしまいますとGENESIS(ジェネシス)はクーリングオフの対象外になります。

なぜ対象外になっているのでしょうか?
クーリングオフが出来ない場合の条件を見ていきましょう。

・自分で店舗に出向いて契約した場合(特定継続的役務提供に該当するものは除く)
・通信販売で購入した場合
・現金取引で総額3,000円未満の場合
・化粧品や健康食品などの消耗品を使用、消費した場合(未使用分は可能)
・路上勧誘をきっかけに行われる飲食店、マッサージ、カラオケボックス、海上タクシーに関するサービス
・自動車及び自動車リース
・その他適用除外にあたる商品やサービス

今回紹介してるGENESIS(ジェネシス)やネットビジネスと呼ばれるものは通信販売に該当します。

つまり2つ目の条件の「通信販売で購入した場合」に当てはまるため返金できないということです。

では、返金対応していない副業で何とか返金してもらう方法はないのでしょうか?
次の項目でお話していきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ