GENESIS(ジェネシス)を考えたのは黒田真司(くろだしんじ)という人物?

GENESIS(ジェネシス)はデータアナリストの理数モデルを採用した最新のビジネスです。

しかし、データアナリストがどんな職業かご存じですか?

そして、このGENESIS(ジェネシス)のノウハウを考えたのは誰なのでしょうか?

この記事では、データアナリストとノウハウ考案者について調査しました。

GENESIS(ジェネシス)のデータアナリストとは?

GENESIS(ジェネシス)のデータアナリストとは一体どんな職業なのでしょうか?

データアナリストとは、収集した情報を分析するプロフェッショナルのことを指します。
分析した情報で仮説を立て、クライアントの悩みや課題への解決策を提案するなども行うため、高度な分析技術やスキルが求められる仕事です。
データアナリストが扱う情報の分野は多岐にわたります。

引用元:ttps://www.modis.jp/staffing/insight/column_60/

つまりデータアナリストというのはデータ解説の専門家のことです。

GENESIS(ジェネシス)はデータ分析に特化人物が開発した理数モデルを利用して稼ぐ副業のようです。

GENESIS(ジェネシス)を考えたのは黒田真司(くろだしんじ)?

GENESIS(ジェネシス)のノウハウを考えたのはどんな人物なのでしょうか?

データアナリストという職業が深く関わっているのは間違いありません。

しかし、データアナリストは最近登場したばかりの職業で人数が少なく、世界的にも足りていない職業と言われています。

そんな中、GENESIS(ジェネシス)に関わっている人物の中で一人だけデータアナリストとして活動する人物がいました。

それが販売責任者の黒田真司(くろだしんじ)さんです。

プロフィールを確認すると確かに職業データアナリストと書かれており、販売責任者を務めていることからGENESIS(ジェネシス)に深く関わっているのは間違いないでしょう。

以上の調査結果からGENESIS(ジェネシス)を考案したのは黒田真司(くろだしんじ)さんの可能性が高いと思います。

GENESIS(ジェネシス)の詳しい概要はコチラの記事でご紹介しています。
GENESIS(ジェネシス)で毎日3万円!?スマホ1つで稼げる最新副業とは?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ